[藤井フィロソフィ2014を見る]    ・     [社員用]

主旨 (第35回 夏季研修会 論文集 「巻頭言」より)

 
 代表取締役 藤井 三千勇

 今年は我が社の創立40周年を迎える年である。一つの節目ではあるが、私は過去を振り返ることより、未来を展望することが重要である と思う。
未来と云っても、この様にめまぐるしく変化する時代では、遠い未来などわかるはずもない。まず現実を直視し、現実の中で何が起ころうと しているかをよく熟慮・分析し、近未来を予測し行動する以外にはない様に思う。
 その積み重ねが未来の発展につながっていくものと考えている。  
 その一つとして、今まで我が社が歩んできた基本となる、一人一人の行動の考え方を整理し、まとめて今後の指針としたいと考えた。  
 藤井基礎設計事務所社員一人一人の共通のフィロソフィ―である。  
 この40年間で積み上げて来た、肌にしみ込んできた哲学である。  
 これを整理することは大変困難な作業であったが、有志の努力で何回も討議を重ねまとめ上げることができたのは、大変うれしく意義のあ ることである。私がおしつけるのではなく、皆で作ったことに意義があるのである。
 これは今後の会社と社員の行動指針として生き、全員のものとし、更に毎年追加したり修正したりし、生き続けることを心より期待すると ころである。  
 これは、社員の技術力向上につながることは勿論、一人一人の人間としての人格の形成・向上につながることである。私は、会社の存在意 義は正に社員の人としての成長の場が会社でなければならないと信ずるからである。



藤井フィロソ フィにつ いて


フィ ロソフィ委員会

会社創立40周年にあたり、藤井フィロソフィをまとめることになりました。

「藤井フィ ロソフィ」を策定する「フィロソフィ委員会」は 社長と社員の代表メンバーで構成されています。

社員代表メンバーは、

藤井俊、神門、林、藤本、岡田、加藤、永田、藤井次、小林、服部、齊藤、安井、藤井 勇、小村、藤井武、井上、那須、三代、山田、吉岡、高橋、新宮 (敬称略)

の22名です。

策定は、社長から巻頭言にみられるような趣旨をいただいたあと、この代表メンバー22名が、6回の会議やワーク ショップを経て5ヶ月の 時間をかけて行いました。この過程では、皆がそれぞれの考えや、思いを出しやすいように、ワールドカフェ 方式をつかって、それぞれの言葉を集め、皆でそれを収束させていきました。委員それぞれから出された普段は出てきにくい様々な思いはバラ バラなものではなく、いくつかの言葉にまとめることができました。

これは最初の藤井フィロソフィです。それはまだ荒削りなままともいえるでしょう。し かし、藤井フィロソフィはこれで完成(完結)したわけではありません。皆がこれを胸に仕事を進めていくうちにきっと言葉は洗練され、また 新しい言葉も加わってくるでしょう。それがこれからの私たちの道標となり、意識のベクトルとなることを希求しています。



藤井フィロソフィ策定の様子

World Cafe
1.ワールドカフェによる会議風景

Change member!!
2.メンバーを入れ替え意見交換


3.テーマ毎の個人発表


4.意見の集約


5.こんな形に整理します


6.その日の反省と次への展開