募集要項

募集対象

  • 理系大学院生
  • 理系学部生
  • 高専生
  • 専門学校生
  • 既卒者

※ 募集対象は2020年3月卒業見込の方、あるいは卒業後3年以内の方。

募集人数

1~5名

募集学部・学科

全学部・全学科

募集内訳

募集分野に関して学校で勉強していなくても、意欲の高い人は採用する可能性もあります。募集分野毎の人数制限は設けていません。

採用後の待遇

基本給 180,000円~200,000円(2018年実績)
諸手当 住宅・通勤・技術・資格手当
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月、12月)
休日休暇 完全週休2日制(日曜日、土曜日)
国の定める祝祭日、夏季休暇、年末年始休暇
待遇・福利厚生・社内制度 共済会の旅行があります。
研修室があります。

※実力主義の給与体系・評価制度を導入
資格取得支援制度あり
社宅・家賃補助制度あり
勤務地 勤務地は、島根県松江市です。
勤務時間 8:30~17:00(休憩60分)
教育制度 1年に1回社員が論文を出して、冊子にまとめます。
それを用いて、夏季研修会を行うのが、伝統になっています。
講習会には、積極的に参加するように配慮します。
マニアックな技術を持った人が多いので、交流を深めて、技術を習得して下さい。
夕方17時から、勉強会を開催しています。
自由参加で自分で勉強会を企画するのもOKです。
研修制度 1.夏季研修会
 年に1回、社内夏季研修会を開催し、社員が自由に論文を作成し、1日かけて社内講習会を開催する。
 成果は冊子にまとめ、主に県内の発注者・関連業者に配布する。
2.講習会
 本人が希望する講習会には、極力参加させる。
 全地連技術フォーラム・各種技術講習会など。
3.特別研修
 専門分野における1流の技術者を呼んで、業務上の課題を解決する研修を実施。
 1日目は座学でディスカッション。2日目は現場に出てディスカッションする。
自己啓発支援制度 1.各種委員会・研究会の開催
 自分が希望する委員会・研究会を立ち上げることができる。
 研究テーマを定め、委員会の参加者を募り、会を立ち上げる。
  例:住宅地盤研究会・維持管理委員会・地下水研究会・UAV研究会
 これらの活動が、業務に結び付くことも多い。
2.藤井フィロソフィ
 社員の意見を集約して藤井フィロソフィを定めた。
 各テーマを、社員が朝礼の場で、持ち回りで意見を発表する。
3.おもしろ提案制度
 社員からおもしろ提案を募集し、提案に対して報奨金を支払う。
 例「業務の改善点」
  「こうすればもっと楽しい」
  「こんな事業を行いたい」
 報奨金
  提案 500円/件
  優秀提案 5000円/件(半年毎に決定)
4.「ドボク模型」活動
 社員・社外の興味のある人を対象に、ドボク模型を作成している。
 ドボク模型は100円ショップ等の材料で、土木の中の科学を表現する。
 その成果を防災模型じっけん楽会(ネット上)にUPする。
 社内・社外の人の意見を求めるようにしている。
 この活動は、日経コンストラクションの名物講座となっている。
  「ドボク模型プレゼン講座」今まで24回掲載
 土木学会「土木広報大賞」準優秀賞(2018年11月)を受賞。
メンター制度 当社の規模では年齢の近い社員が指導・相談を行うことは難しいです。
専門分野毎に課が分かれています。
各課がチームとなりサポートをしていきます。
また、勉強会・ドボク模型活動などの活動を通じて、比較的年齢の近い社員と交流する場を設けています。
キャリアコンサルティング制度 4月に個人目標シートを、上司と意見交換しながら作成します。
 将来像目標・業務目標・自己研鑽目標・資格取得目標
年に2回、目標達成度を、上司と確認をします。
社内検定制度 おもしろ提案制度により、工夫の程度を、見える化しています。
昇給昇格時には試験を実施します。
社内勉強会・社内研修会・社外研修会はCPD(継続教育)を記録します。
 自己研鑽の見える化を行っています。

採用実績

採用実績(学校)   <大学院> 
岡山大学、京都大学、佐賀大学、静岡大学、芝浦工業大学、島根大学、徳島大学、名古屋大学、名古屋工業大学、広島大学、山口大学
<大学> 
岡山理科大学、九州産業大学、近畿大学、島根大学、名古屋工業大学、西日本工業大学、広島工業大学、北海道大学、南九州大学、山形大学、山口大学、山梨大学、早稲田大学、下関市立大学
<短大・高専・専門学校> 
九州測量専門学校、近畿測量専門学校、修成建設専門学校、広島工業大学専門学校、松江工業高等専門学校
採用実績(人数)     2016年 2017年 2018年
大卒   1名   1名   1名
中途   1名   1名   5名
過去3年間の新卒採用者数 2016年 1名 
2017年 1名
2018年 1名
過去3年間の新卒離職者数 2016年 0名 
2017年 1名
2018年 0名
過去3年間の新卒採用者数(男女別) 2016年 1名(男)
2017年 1名(男)
2018年 1名(男)