昭和55年の第1回から昭和63年の第9回までの研修論文です

第1回 昭和55年

論文タイトル 執筆者名
隠岐島の地質と災害について宮内彰・常盤了
隠岐島の軟弱地盤について神門誠
伊後湾臨港道路の地すべりとその対策藤井三千勇
アンカー工法による設計例小柴克己
斜面安定解析法の一考察(円形すべり)大内茂

第2回 昭和56年

論文タイトル 執筆者名
花崗岩帯の土工の諸問題藤井三千勇
島根県仁多地区の花崗岩類の風化宮内彰
出雲平野のおいたち常盤了
簸川平野の軟弱地盤について神門誠
重力式けい船岸の安定計算ノモグラム(L型ブロック形式)小柴克己・梅木智勢弘
異方性岩盤斜面の安定解析-その3大内茂・宮内彰

第3回 昭和57年

論文タイトル執筆者名
崖錐及び崩積土について-その1-宮内彰
ダムグラウト調査の一例(才坂川ダムを例として)藤原直人
島根半島東部の地形と傾動運動について常盤了
海岸砂の物理特性と設計面からの一考察(島根半島北部編)小柴克己・河原八郎
簸川平野の軟弱地盤-その2-神門誠
地下水排除工の地下水位に与える影響の定量化藤井三千勇
土質強度設定と安定検討安達和夫
地スベリ防止杭に作用する側方荷重についての一考察大内茂
単杭の挙動村竹誠
圧密沈下の影響を受けるタイロッドの問題点梅木智勢弘
老朽橋の点検調査について岩宮丈志
プラットホーム昇降式地質調査装置(その1)山根健二
実施例に見るケーソン式混成防波堤石川晃
機械土工について石田広

第4回 昭和58年

論文タイトル執筆者名
崖錐及び崩積土について-その2-宮内彰
石見地方の軟弱地盤神門誠
計測による盛土の沈下予測大内茂・村竹誠
土質強度設定と安定検討(その2)安達和夫
山岳道路のルート選定藤井三千勇
軟弱地盤上の特殊基礎梅木智勢弘
道路橋のTLー14以下の荷重について岩宮丈志・錦織浩幸
汀線付近における根固ブロックの重量算定方法山根健二・石川晃
ケーソンの不同沈下の検討について土肥美実
防波堤にアースアンカーを用いる工法小柴克己
地すべり規模と深度について常盤了

第5回 昭和59年

論文タイトル執筆者名
斜面崩壊の調査・対策の問題点藤井三千勇・宮内彰・神門誠・大内茂
道路土工の岩盤分類常盤了
原位置試験の問題点神門誠
河川改修に伴う掘削残土の処分計画及び調査山根健二
水面下の基礎工事における均コンクリート厚の計算方法岩宮丈志
フローティング基礎の現地応力測定と考察小柴克己
ボーリングコアからの玉石最大径の推定勝部祐治
泥岩地帯でのトンネル工法大内茂
尾をひく「和魂洋才」石飛敬志

第6回 昭和60年

論文タイトル執筆者名
水替工施工時における釜場の水位地下時間の算定勝部祐治
微視的圧縮・せん断機構に基づいた任意応力経路下の粒状体の応力ーひずみ関係藤井俊逸
島根半島東部の地盤について神門誠
Y.L. Chang の式により設計する地すべり防止杭とスベリ土圧ノモグラム安達和夫
島根の地すべり性崩壊の一特徴について常盤了
詳細測量の留意点長野幸雄
三隅町における地下水(井戸)の実態原田剛
三隅川周辺の斜面地盤の工学的性質ー三郡変成岩の切土のり勾配ー宮内彰
異形ケーソンの浮遊時の安定計算山本浩幸・今岡正範
杭及び矢板の施工形態についての調査小柴克己・山本浩幸
山陰災害からみた道路土工の問題点藤井三千勇

第7回 昭和61年

論文タイトル執筆者名
松江市の地下水常盤了
三隅川周辺の井戸枯れと河川工事について石原剛
流れ盤斜面について(その1)宮内彰
軟弱地盤の改良工法について(その1)勝部祐治
山岳道路に於けるルート選定上の一留意点長野幸雄
玉結湾周辺の苦鉄質岩床橋本圭史
RDB(リレーショナル・データ・ベース)の利用山根健二
細田川放水路における水理検討藤井俊逸
漁礁の水中落下挙動の数値シミュレーションについて加納慎二
漁港のけい船岸における方塊ブロック工法について森脇昭治・山本浩幸
島根沿岸の波浪観測結果について石川晃
Y.L. Chang の式により設計する地すべり防止杭とスベリ土圧ノモグラム(part II)安達和夫
混成防波堤の沈下特性についての調査今岡正範・小柴克己

第8回 昭和62年

論文タイトル執筆者名
トンネル坑口部における調査設計の重要性長野幸雄
道路設計における一留意点について(その1)安部正史
のり面保護工の選定と比較について安達和夫
流れ盤斜面について(その2)宮内彰
岩盤分類表の再考(その1)鍋木圭史
岩盤分類エキスパートシステム山根健二
軟弱地盤の改良工法について(その2)勝部祐治
軟弱地盤に設計した構造物の調査(その1)神門誠
地すべりと地下水常盤了
地すべり崩壊における降雨量と地下水位の関係藤井三千勇・藤井俊逸
真砂土の透水性と保水性山崎邦広
力学挙動の可視化(1)森脇昭治
F.E.M.を用いた部材の応力解析について(1)加納慎二
弾塑性法を用いた山留め計算岩宮丈志・藤井俊逸
けい留施設の設計における漁港と港湾の相違点今岡正範
混成堤マウンド被覆材の所要重量算定法について石川晃
工業所有権法について倉敷信弘
桧山トンネル粉じん対策散水調査常盤了

第9回 昭和63年

論文タイトル執筆者名
松江市の地下水(II)常盤了
VLF法による地下水探査の一例宮内彰
岩盤分類表の再考(その2)ー花崗岩の岩級区分について鍋木圭史
平田市西部~大社町の古浦層と成相寺層の接合関係について前濱昭生
事前圧密された粘土の沈下特性竹内恒治
有限要素を用いた「大水深混成式防波堤」の沈下計算勝部祐治
のり面抑止工としてのアンカー付き法枠工の選定について安達和夫
山岳道路計画に於ける土石流対策長野幸雄
道路設計に於ける排水計画の留意点山崎邦広
アンカー付土留壁の計算値と実測値の比較藤井俊逸
すべり防止矢板工法の簡易設計法について神門誠
透過性堤体内部の波の伝播特性に関する基礎的研究野々内利幸
港湾構造物の自動設計(1)加納慎二・森脇昭治
構造化プログラミングについて山根健二
社内技術文献検索システム山根健二・石川晃
伊豆大島“防災と火山”について藤井三千勇