環境学習への取り組み


 弊社では、4年前から土を用いた水浄化システムの開発という形で、環境問題への取り組みを行って来ましたが、技術だけでは解決し得ない多くの問題を経験してきました。浄化システムを設置しても、それを上回る汚れが排出されれば、浄化システムは機能しません。環境問題は各地域住民の皆様の協力が無ければ、解決出来ない問題です。


 一般の方には、環境問題に関心はあっても専門的な話や現状はよく解らないのではないでしょうか。また、現在の小中学校でのカリキュラムでは、次世代を担う子供達が、環境についての知識を得る機会があまりないのが実状ではないでしょうか。


 弊社では、皆様に環境問題に関する知識を持って頂こうと、環境学習会なるものを行っています。ここでは、本年度行いました環境学習会の一部をご紹介します。


広島県東広島市八本松町(平成14年9月3日実施)

島根県隠岐郡西郷町(平成14年9月7日実施)

広島県東広島市八本松町(平成14年10月1日実施)



 今後は、ゴミの問題、資源のリサイクルといった身近な話題から、熱帯林の減少問題や酸性雨などグローバルな話題まで環境学習会のテーマにしたいと考えています。

 弊社では、21世紀に掲げるキーワードのひとつとして、環境問題への取り組みを挙げています。今後も、自然と調和する豊かな生活環境の創造に向けて、環境問題の解決に取り組んでいきます。