土壌式河川浄化システムの紹介


主な水質浄化方法
 家庭排水による河川汚濁の主な原因としては、米のとぎ汁や排泄物のような有機物と、洗剤にも含まれ、また先の有機物の分解により生成される窒素化合物(アンモニア、硝酸など)及びリン酸などがあげられます。
 下水処理や河川の浄化に用いられる水質の浄化方法には、
  1. 汚水に送気をしたり、汚水中の微生物による有機物の分解を活発にさせる方法(曝気による方法)
  2. 微生物のすみかとなりやすい素材を用い、この微生物の量を増やした浄化槽に汚水を通して、有機物を分解させる方法(生物膜による方法)
  3. 土壌中に汚水を流し、土壌中の微生物に有機物を分解させ、土壌に窒素やりんを吸着させて除去する方法(土壌トレンチ法)
  4. 汚水中に、有機物の分解活動が活発であると思われる微生物を意思的に播く方法
  5. 窒素化合物やリン酸の除去法として、水辺や水中の植物に吸収させる方法(植物による方法)
など色々な方法があります。
 しかし、曝気や微生物だけを用いた水質浄化法では、有機物の分解は期待できますが、アオコの原因となる窒素化合物やリン酸の除去はあまり期待できません。植物を利用したものでは積極的な有機物の分解は期待できず、また植物の手入れに手間がかかります。今までの、“土壌トレンチ”による浄化法には、有機物の分解、またアンモニア及びリン酸の除去の効果はありますが、通水性が悪いために処理できる水の量が極端に少ないという問題がありました。



 
土壌式河川浄化システム
 弊社の開発している土壌式河川浄化システムは、数種類の材料と土をミックスした混合土壌とゼオライトとを通水性が良好になるよう配置した構造になっています。そのため、今までの”土壌トレンチ”による方法と比べて、浄化処理できる汚水の量が約百倍となりました。これは、混合土壌中の微生物により、汚水中の有機物は分解され、混合土壌及びゼオライトがアンモニア及びリン酸を効率的に吸着・除去することに関係します。




隠岐島・宇屋川実験施設
 島根県・隠岐島の宇屋川に、弊社で開発中の土壌式河川浄化システムの長期実験施設があります。これは平成11年につくられ、その後約2年間、宇屋川の汚水浄化の実験施設として用いられてきました。











平成11年1月から平成12年8月までの宇屋川実験施設の水質データ